ホーム>ボディーコーティング

ボディーコーティング

ECHELON

ECHELON 1043NANO-FIL

圧倒的な膜厚感と光沢

ガラスでありながら柔軟性を持つという新開発の3Dネットワーク被膜構造にあります。
この開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。
 
新開発の3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一で直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。

 

 

ECHELON 1043NANO-FILの特徴

膜厚が違う

ペルマガード
硬度と柔軟性を併せ持つ3Dネットワーク構造被膜だから実現できたインパクトのある膜厚感。
ボディ色に関係なく、施工後にはオーナー様にはっきりと体感できます。

光沢が違う

ペルマガード
塗装面上に濡れたような深みのある光沢は見る者を魅了することでしょう。また、この被膜は紫外線領域に吸収を持たないため、被膜の劣化を極限まで抑え、黄変を防止することで高い透明度を維持して被膜の光沢が長期間持続します。
 
 

保護力が違う

ペルマガード
3Dネットワーク構造被膜は、従来の有機高分子骨格を形成するより大きなシロキサン結合をベースにした三次元架橋構造を主骨格に持ち、塗装に影響を与える糞害、黄砂、樹液、酸性雨などの外的要因によるダメージを最小限に抑えて圧倒的な耐候性を発揮します。
また、その裏付けとして、3年以上の長期に亘り実車でのテストを繰り返しながら、第三者機関でのサンシャインウェザーメーターによる促進暴露試験を始め、各種耐性試験をクリアし、その優れた性能が客観的に実証されています。
ページ上部へ