ホーム>ボディーコーティング

ボディーコーティング

ECHELON

ECHELON 1043NANO-FIL

圧倒的な膜厚感と光沢

ガラスでありながら柔軟性を持つという新開発の3Dネットワーク被膜構造にあります。
この開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。
開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。
新開発の3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一で直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。

効果

深みのある艶と輝き(メンテナンスも水洗いのみでOK!)

やや強めの撥水をする反面、排水性も重視されているのでウォータースポットの心配も少ない。

 

 


ECHELONの特徴

持続性が違う

ペルマガード

ペルマガード社は自社のエンジニアといくつかの開発企業(SAS、SWA)の協力を得て、性能・耐久・光沢、全ての開発段階において過酷なテストを行っています。

従来の船舶のゲルコートや航空機の塗装面製品よりもはるかに耐久性に優れ、ペルマガード施工後は過酷な気象条件下においても2年以上ボディー及び塗装面を保護し、自動車など通常の気象条件の下では2年以上光沢を維持する高度塗装保護技術です。

光沢が違う

ペルマガード

独自に開発された画期的なリアクティブポリマー技術により、塗装面に化学結合された厚い光沢フィルムの保護層を作り出します。よって微細なキズを埋め、深い光沢、色あせの心配が無いしっとりとした艶、車に新車時のような深い輝きを永続させることができます。

また。、ペルマガード社公認の技師達による熟練した高度な技術が光沢にさらなる奥行きを導き出します。

保護力が違う

ペルマガード

ペルマガードはヨーロッパにてヨットなどの船舶、プライベートジェット機などの塗装面保護のために開発され、弾力性を持つ4~7ミクロンの厚い光沢フィルム保護層は、紫外線や赤外線による塗装の酸化や艶引け、海水、鉄粉、悪天候などからも塗装面を保護します。

また、ペルマガードプロテクションとは皮革や布製による内装の保護も意味します。

施工後のメンテナンスが違う

ペルマガード

優れた撥水と切れの良い水の流れを両立した排水性。

ペルマガード施工後のメンテナンスはきわめてシンプル、水洗いだけで十分です。洗浄剤などを使用する必要がなく環境にも非常に優しく、洗浄回数の軽減によりメンテナンスに必要な時間やコストを大幅に節約することもできます。

実績が違う

ペルマガード

ペルマガードは世界中の船舶、航空、自動車会社に技術提供をしています。

中でも船舶メーカーであるサンシーカー社では、2002年より全ての船舶にペルマガードプロテクションを施工することを決定するなど、本技術はコート・ダ・ジュールの船舶業界において最先端の技術として地位を確立しつつあります。

現在ではフランス、スペイン、イギリス、ドイツなどで使用されており、その新しい市場はさらに広がりつつあります。

ページ上部へ